コンドロイチンの特徴と美容分野での働きについて

コンドロイチン

人は年齢を重ねることによって、コラーゲンやヒアルロン酸が減少することや、長年浴び続けてきた紫外線や日々のストレスが蓄積するなどして、肌からハリや潤いが無くなってしまいます。そのため、乾燥肌やたるみ、シミや黒ずみなどの肌における悩みを抱えることになります。

 

そこで積極的に摂取したい成分として、コンドロイチンが挙げられます。

 

コンドロイチンの基本

コンドロイチンは、人の軟骨にも含まれているムコ多糖類の一種で、保水性や弾力性といった特徴を有しています。主に薬などに含まれている印象が強いですが、コンドロイチンを内服することによって、関節のスムーズな動きを助けるだけでなく、肌の潤いやハリを取り戻す働きも期待することができるなど、美容に対しても関わっています。

 

通常肌の潤いなどを維持する方法としては、美容液や化粧水などを用いることが挙げられますが、それは外側からのアプローチにすぎず、内側からもアプローチする必要があります。

 

そのため、コンドロイチンを内服することにより、肌のコンディションを維持することに繋がります。
また、コンドロイチンとコラーゲンは非常に相性が良いため、一緒に含まれることで良さを発揮しやすくなります。

 

コンドロイチン・ヒアルロン酸も配合しているオールインワンプラセンタサプリ

 

年齢を重ねるごとに気になってくる肌のシワやたるみなどは、ある程度進行すると外側から化粧品でケアしただけでは追い付かなくなってきます。

 

内側からのケアでおすすめなのが、プラセンタサプリ。中でもコンドロイチンやヒアルロン酸、デルマタン硫酸、低分子コラーゲンなど女性の内面からの美しさをサポートするのに役立つ栄養を含んでいることでたくさんの女性に支持されているのがエイジングリペアです。

 

エイジンリペアをもっと詳しく!TOPページへ

 

 

エイジングリペア公式サイトへ